リネット(宅配クリーニング)を1年ぶりに利用したけどやはり退会することに決めた5つの理由【口コミ評判】

この記事では、リネット(宅配クリーニング)をプレミアム会員として約2年間利用してみて分かった「リネットクリーニングの素晴らしさ」と「それでも退会を決めた理由」を口コミ評判情報としてまとめています。

一応先に申し上げておくと、リネットクリーニングの仕上がりは文句なしに素晴らしいものでした。

ですが私の場合、「クリーニングを利用する頻度がそもそも年に数回であること」また「(値上げにより)クリーニング料金が私の許容範囲を超えてしまったこと」などを理由に退会することに決めました。

そういうわけで今回は、「リネットクリーニングの素晴らしさ」と「プレミアム会員だった私が退会を決めた5つの理由」をまとめてみましたので、リネット(宅配クリーニング)を検討されてらっしゃる方はぜひ参考にされてみてください。

クリーニングの質は以前に比べて格段にアップ!クリーニング臭もなく文句ない仕上がり!

ひさびさにリネットを利用しようと思ったら、いつの間にやら「毛玉取りが無料」になっていました!

そこで、以前リネットクリーニングに出したけれど毛玉が残ったまま帰ってきた時と同じコートを再びリネットクリーニングにお願いしてみることにしてみました。

その結果、以前の「料金が割高なのに毛玉がそのまま残って帰ってきた」という残念な思い出が払拭されるくらい見違えるように綺麗になったコートたちが戻ってきまして大変満足しています!(*^-^*)!

それでは早速、2018年3月現在の最新リネット(宅配クリーニング)の見事な仕上がりをご覧くださいませ↓↓↓

【ダウンコート】

【ニットコート】

この通り、毛玉だらけだったダウンコートやニットコートが見違えるくらい綺麗になって帰ってきました!

うーんやはり、「毛玉取り無料」のサービスは最高です。

また、いつも心配になる「ダウンのボリュームダウン」や「ニットの伸び」なんかも無く、衣類が生き返ったように感じられたので、同じ服でも来年はまた新しい気持ちで袖を通すことができる気がして嬉しくなりました(*^-^*)

顔が見えな宅配クリーニングだからこその『そのお心遣い』がありがたい!

クリーニング後の衣類は大きな段ボールに入って自宅まで届けられるのですが、その大きな段ボールの中に感じることができたのは、リネットクリーニングの利用者や衣類に対する優しい心遣いでした。

お心遣い①:クリーニング後の衣類に負担のかからない緩衝材が嬉しい

自宅に届けられた段ボールの中は、「段ボール紙の内蓋」や「緩衝材」を使うことで、クリーング後の衣類にできるだけ負担がかからなように工夫されていました。

お心遣い②:丁寧にクリーニングしてくださったことが分かって嬉しい

クリーニング後の衣類には、毛玉だらけだったダウンコートの毛玉に気づいてくださり丁寧に毛玉取りをしていただいたことが分かるように「タグ」がついていました。

お心遣い③:次回クリーニング用の「リネットバッグ」と「着払い伝票」が嬉しい

自宅に届けられた段ボールの中は、次回クリーニングの際に使える「リネットバッグ」と「着払い伝票」が入っていました。

「リネットバッグ」は、段ボールと比べて「ファスナーだから封が簡単」ですし、「持ち手があるので持ち運びしやすい」ですし「保管するのに場所を取らない」のでとても便利です。

しかも、着払い伝票には「お届け先」がすでに印刷されていますので、自分で記入するのは「ご依頼主」の欄だけなのも本当に楽チンでよかったです。

それでもやっぱり(>_<) 私がリネットを退会することに決めた5つの理由

上述しました通り、リネットのクリーニングの仕上がりには満足していましたが、それでも退会を決めた理由が5つありますので下記にまとめます。

理由1:クリーニング料金が「割高」&「料金が安定しない」と感じてしまった

リネットのクリーニング料金が割高であることは承知の上でその利便性に惹かれて入会しましたが、更に値上げされたことにより私の許容範囲を超えてしまいました(>_<)

  料金(201609) 料金(201803) 備考
ダウンジャケット 1,900円 2,850円 1年半の間に950円の値上げ
コート 1,540円 1,900円 1年半の間に360円の値上げ
  料金(201703) 料金(201803) 備考
礼服(ワンピース) 1,960円 1,230円 1年の間に730円の値下げ
礼服(略式礼服ジャケット) 1,370円 950円 1年の間に420円の値下げ

また、礼服の料金ですが、前回デラックス仕上げを利用したわけでもないのに、1年前の前回に比べて今回の料金がとても安くなっていることに驚きました。

なんだか料金が上がったり下がったり、こうも料金が変わってくると料金の妥当性を疑いたくなる、、そんな気持ちが出てきてしまいましたゴメンナサイ(>_<)

理由2:クリーニング料金が確定した後にクリーニングを取り消すことができない

リネットでは、クリーニング料金を事前にシュミレーションして算定することができるようになったものの、確定した金額が分かるのは衣類を送り検品した後です。

そのため、予期せぬ料金がかかっていた場合であってもクリーニングの取り消しを行うことができません。

私の経験談ですと、小さな子供用のシャツを出したのですが「デザインシャツ」とみなされたからなのか?予想していたよりも高額な支払いになってしまったことがありました。

あ~西松屋で買ったシャツだったし、こんなことなら100円クリーニングでよかったな(>_<)」と思っても後の祭りです。

理由3:「クーポン」や「スタンプカード」をうまく活用できなかった

リネットで発行されるクーポンは、「30%OFF」や「アウター商品限定で40%OFF」など割引率がとても高いものばかりです。

ですが、発行されるクーポンはどれも期間限定であり、しかも割引キャンペーンの事前通知がないのでクリーニング衣類を送った直後に「アウター商品限定で40%OFF」とかなるとめちゃくちゃショックが大きいです。

実際に私も冬物コート3点(ダウンコート含む)を送った2日後に「アウター商品限定で40%OFF」が始まったときは本当に泣きました(T_T)

また、「スタンプカード」についてですが、スタンプが貯まって割引クーポンがいただけたとしても、私の場合、スタンプが貯まるタイミングというのが、衣替えのクリーニング衣類返却のタイミングだったりしたので「割引クーポンを使いたいけど送料無料にするほどクリーニング出す衣類がもうない」という状況となりお得なクーポンを利用するタイミングを逃すことが多かったです(;´∀`)

しかも、クーポンの利用期限も短く2ヶ月にも満たなかったりするので、せっかくスタンプを貯めて「8%割引クーポン」をゲットできたとしても結局使わないまま無駄にしてしまった感じです。

理由4:プレミアム会員であるメリットを感じることができなかった

リネットのプレミアム会員には「年会費プラン」「月会費プラン」の2種類が用意されているのですが、私は前者である「年会費プラン」を利用し3,600円(2017年10月1日以降は4,680円)の年会費をカード払いで支払っていました。

私が「年会費プラン」を選択した理由は、当時、年会費プランを選択することで「年間ケアパス」という1枚400円のクーポンが9枚貰えましたので、「400円OFF×9回=3,600円OFF」となり実質年会費無料でプレミアム会員の得点が利用できると考えたからです。

しかしながら、実際の私の利用頻度は、年に1~2回でしたので「年間ケアパス」を使いきることはありませんでした。

注意:2018年3月現在、年会費は3,600円⇒4,680円に値上げされ、「年間ケアパス」として発行されるクーポンの枚数も9枚(400円OFF×9回=3,600円OFF)⇒6枚(400円OFF×6枚=2,400円OFF)に変更されています。

また、「プレミアム会員ならいつでも往復送料無料」となっていますが、プレミアム会員であっても送料無料になるのはご利用額が3,000円以上の場合に限定されています。

私がプレミアム会員に入会した当時は「総額1,900円以上で送料無料」だったのに、現在では「総額3,000円以上で送料無料」に変更されたことで、プレミアム会員であっても送料無料になるハードルが上がってしまいとても残念に感じています。

冬物のコートなどを1点でも出せば3,000円というハードルは高くないと思いますが、ワイシャツを数枚だけ出したいような場合にはハードルが高くなり、リネットを利用する頻度は下がる結果となりました。

理由5:「業務フロー」と「料金算出フロー」に不安を感じた

1年前にリネットを利用した際には、衣類をコンビニ持込みの場合、特にWEBからの申請は必要ありませんでした。(申請したら申請は不要と連絡があったりしました。)

ところがひさびさに衣類をコンビニに持ち込んだところ、後日メールで「2018年1月9日以降、コンビニ持込でもWEB、もしくは専用アプリの注文が必要になりました」という知らせを受けました。

そこで慌ててWEB画面から使用したいクーポンコードを指定して改めて申し込みを行ったのですが、後日届いた料金明細にクーポン割引は適用されていませんでした。

すぐにお問合せ窓口に電話連絡をしましてその旨を伝え、後日訂正された料金明細が再送されるまではよかったのですが、今度は「料金明細上クーポンコードは適用されてるけれど総額が間違ってる」という結果に唖然。

えっ料金明細の総額って計算式じゃないの・・・」とものすごく不安になってしまったことは事実です(>_<)

最後に

リネットクリーニングを利用するかを検討するとき、ご自身の日頃の「クリーニングの利用頻度」と「クリーニング1回あたりの費用」を算出してみられることをおすすめします。

年に4回(=年会費会員になることでいただける割引チケットの枚数)以上クリーニングを利用し、1回あたりのクリーニング費用が3,000円を超える(=送料無料の条件)と予測される場合には、リネットのプレミアム会員となることをおすすめします。

しかしながら、私のように「クリーニングを利用するのは冬物のコートやめったに使用しない礼服を着用したときくらい」というような方にはいくらリネットクリーニングの仕上がりの質がよかったとしても高い年会費(=4,680円税抜)を支払ってまでリネットクリーニングにこだわる必要はないと思いますのでよく検討されてみてくださいね(*^-^*)

以上、この記事がリネット(宅配クリーニング)を検討されていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です